歯科治療の目的の一つとして、「健全な天然歯列の再構成」が挙げられます。
むし歯や歯周病の治療とは別に“審美性”の回復を望む方も多くいらっしゃると思います。
ただ審美性に優れるだけではなく、本来“歯”が持っている機能である“咬める“ことに
フォーカスをあてて、皆さまのご要望にお応えしたいと思っております。

金属アレルギー

昨今、「金属アレルギー」について雑誌やメディア等で話題になることが増えてきています。
現代社会では、金属アレルギーで悩みを抱えている方も多くいらっしゃいます。
保険の範囲で行う補綴治療は、金属(メタル)を使用することが多くあり、
メタルが口腔内にあることで体調に何かしらの不調が起こるケースもあります。

メタルフリー

保険での補綴治療は、基本的にメタル(金属)を使用することになります。
メタルを使用することで強度は強くなりますが、身体に弊害となって現れるケースもあります。
また、二次カリエスと言われるムシ歯再発のリスクや歯周組織への影響が現れやすくなるのもメタル(金属)の特徴です。
補綴のマテリアル(素材)をメタルフリーにすることでリスクを抑え、生体に優しく審美性にも優れた補綴治療をご提供致します。

水上歯科医院の審美補綴

  • オールセラミックス

    素材:陶材

    天然歯と同じような色調にすることが可能です。

    素材は非常に強度があり、持ちの良さも特徴です。

  • ハイブリッセラミックス

    素材:陶材とプラスチック樹脂混合

    向かい合う歯に優しく、適度な硬さと天然歯に近い色再現性が特徴です。

  • ダイレクトCR

    素材:プラスチック樹脂

    小さめの詰めものや歯の隙間等に対応する治療となります。

    口腔内で歯の形を作って修復しますので、短い時間で治療が完了します。

    素材はある程度の強度もあり、色調も天然歯に準拠して再現することが可能です。

  • 治療料金

    ※料金はすべて、税別表示になっています

    オールセラミックス
    ¥100,000
    ハイブリッセラミックス
    ¥60,000
    ダイレクトCR
    (複雑なもの)
    ¥35,000
    ダイレクトCR
    (単純なもの)
    ¥20,000

ホワイトニング

歯を削らずに白くする方法として、ホワイトニングがあります。
当院では、短時間で白さを体感できるクリニックで施術する“オフィスホワイトニング”をお勧めしております。
当院では、ホワイトニング専用の照射器を導入しております。
歯科医院で行うホワイトニングで白い歯と笑顔を手に入れてください。

ホワイトニング料金

オフィスホワイトニング 
4回
¥24,000 (各回 6,000)
ホームホワイトニング
¥30,000(90日分)

※ホームホワイトニングはオフィス施術した方の効果維持限定で対応致します。
ホームホワイトニングのみの対応はしておりませんのでご了承願います。

治療 症例(ホワイトニング)

  • 症例1

Office Whitening(計4回)

  • 施術例

  • 2回目終了時

  • 3回目終了時

  • 4回目終了時

治療 症例(審美治療)

  • 症例1
  • 症例2

症例1

  • 1.初診時口腔内所見(2008,04,01)

    2009年8月初診時47歳の女性です。
    左上奥歯は欠損しており、右下奥歯の被せ物は無くなっており、虫歯が進行しています。

  • 2.歯頚線の不揃い

    前歯にはレジンによる充填処置が行われていましたが、充填部の不適合や変色が目立つ状態でした。
    患者さんは、きれいに被せものをしてほしい、との希望でした。

  • 3.ハイリップ・翼状捻転

    ハイリップで上下顎前歯部は翼状捻転を示しています。

  • 4.支持骨レベルの不揃い

    きれいに直してほしい、とのことですが、左側中切歯と側切歯の間にはブラックトライアングルらしきものが存在します。
    犬歯間の切縁通過位置も不調和を示していますし、隣接の骨頂レベルも不揃いです。
    そこで骨レベルを揃えることを目的として補綴前に全顎矯正を適用することにしました。いわゆる審美性の改善も歯周治療の目的の一つになります。

  • 5.

  • 6.

    矯正治療終了直前の口腔内所見です。左上欠損部に対しては、後日インプラントの埋入を行いました。

  • 7.仮歯修復

    矯正装置撤去後に上顎4前歯の形成ならびにプロビジョナルレストレーションの装着を行いました。

  • 8.最終形成

    プライマリーコードを歯肉溝に挿入し、最終形成ならびに最終印象を行いました。

  • 9.最終歯冠修復

    最終補綴物セット時の口元の所見です。上顎前歯切縁は下口唇のカーブと調和がとれています。

  • 10.術後

    上の写真が補綴物装着時で、下が1年後のメインテナンス時のものです。
    上顎両側中切歯間の歯肉はクリーピングを生じ、歯間乳頭の高さも回復・維持されています。
    術前に見られたブラックトライアングルも解消しました。

症例2

  • 1.初診時口腔内所見 (2005/10/26)

    初診時48歳の女性。複数歯の補綴物が脱離しており、上顎前歯部修復物の変色が顕著です。患者さんの主訴も、この変色修復物に対する対応にありました。

  • 2.初診時パノラマX線所見 (2005/10/26)

    上顎の補綴物は連結修復されており、再根管治療がすべて必要とされる状態でした。いずれも歯肉縁下カリエスに罹患しており、連結補綴物を全て撤去する必要を認めます。

  • 3.CR Position(中心位)の確認 & 記録採得

    患者さんのCR Position(中心位)の確認ならびに記録採得を行って、作業模型上で仮歯ならびに矯正装置を作製し、1日で上顎に装着されている補綴物を撤去することにしました。

  • 4.補綴物撤去 & 矯正装置の装着

    仮歯を兼ねた矯正装置を口腔内に装着し、歯肉縁下カリエス罹患歯に対しては歯根挺出を図りました。その後、根管治療や#26欠損部に対するインプラント治療を行いました。

  • 5.上顎両側中切歯(歯冠長延長術)

    上顎両側中切歯は、補綴修復に必要をされるフェルール(歯肉縁上の健全歯質量)が不足していたため、歯冠長延長術を適用し、ファイバーコアによる支台築造を行いました。

  • 6.上顎前歯部セラミック修復 & 臼歯部メタル(仮歯)修復

    上顎前歯部はセラミック修復が完了し、臼歯部にはメタルによる仮歯修復が完了しました。前・臼歯咬合平面通過位置の左右対称性も獲得されました。

  • 7.上下顎オールセラミック修復完了時 口腔内所見

    #26に適用したインプラント上部構造を含めて、オールセラミック修復が完了しました。

  • 8.術前 & 術後口腔内所見

    左が術前、右が術後の正面観です。患者さんからは、口腔内に対するコンプレックスが解消したとの、お言葉を頂戴いたしました。

アクセス
ACCESS

  • 住所

    〒010-0916 秋田県秋田市泉北1丁目8-9

  • 診療時間

    [平日]9:00~12:30 / 14:00~18:30
    [木曜]9:00~13:30 / 休診
    [土曜]9:00~12:30 / 13:30~17:00

  • 休診日

    日曜日・祝日・木曜午後

  • 診療予約

    018-838-0088